サーフショップ 「ザ・サーフ」 のスタッフ達が綴る日々の徒然・・・。カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続ける 【THESURF】

カリフォルニアトリップ Day6パート2

カリフォルニアトリップ最終回。
私事で長らくお付き合い頂きありがとうございました。

海から帰って、ウェインさん、愛さんとサンタバーバラの街までお買い物。

サンタバーバラエリアはのんびりとした綺麗な街です。

歴史ある建物が沢山ありますね。

時間が無かったので、軽くチェックしました。
ウェインさん何買ったの??

以前首の骨を折る大事故があり、未だに首が痛むそうです。
首を温めるカイロを見つけ購入。早速付けていました。
見た目悪いけどやってみると、これいい!!
適度な重さと暖かさがコリを和らいでくれます。

ウェインさん今も使ってるかなぁ…

その後、連れてって頂いたのがここ。
duoはウェインさんの仲間でシェフ ブライアンが経営する、セレブご用達ケイタリング専門のレストラン。
愛さんもヘルプで働いています。

中は1日一組限定で要予約。

この日は私達の為に貸し切ってくれました。
ウェインさん、愛さん本当にありがとう!感謝です。
ウェインさんと愛さんの式で使ったブーケとレイを貸してくれました。
二人の合言葉は今日も幸せ〜〜。ウェインさんが言うと「キョウモスミマセーン」

デカイキッチン。

冷蔵庫もフレッシュな食材満載。

全て自家製。

コンロも凄い。

先ずは前菜でもつまんで食べててと頂きました。
アメリカ風フレンチ。

こちらの前菜美味しかった。

これもおかわりしました(笑)

これ好きでした。チキンだったっけ?

ホタテ

ラム

シェフWR

ウェインさんが作ったアイスクリームをブライアンが盛り付け。

アメリカ人はどれだけ食べるんだ〜。
って位出してくれます。
日本でフレンチだと物足りなさがありますが、限界って程食べました。

ウェインさん、愛さんからサプライズでプレゼント。

最後にこの日のメニューとメッセージを頂きました。
どれも洗練された手作りの美味しい食事でした。
さすがはセレブご用達シェフ!
ブライアンさんごちそう様です!
そして、ウェインさん、愛さんサプライズディナーありがとうございました。

次の朝、再びシェフWRです。
卵料理はまかせとけ!

その後、帰国寸前にミーティング。
お客様のカスタムオーダーで細かい所を打ち合わせ。
愛さんは仕事へ。忙しいのに毎日ありがとうございました。

今回のトリップは、半分仕事で半分新婚旅行の様な形となりました。
ウェインさん、愛さん、紀藤ファミリーの皆様ありがとうございました!!
今回も沢山の方達と出会い、様々な体験が出来ました。
とても楽しい1週間を過ごせましたよ〜。大変感謝致します。

この後空港に向かい、レンタカーを返し紀藤社長と共に日本へ帰ってきました。

私事のカリフォルニアトリップにお付き合い頂きありがとうございました。

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 18:14 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day6パート1

大分時間が経ちましたが、カリフォルニアトリップの続きです。
帰国前日、まだお土産も買えて無いけど、海に入りたいとお願いしました。

愛さんは仕事、ウェインさんは波が無いけど探そうと、色々チェックしてくれました。

その前に洗車したいと、先ずは近所のスタンドまで行きました。

カリフォルニアのガソリン代はここ数年高く、1ガロン(約4ℓ)$4.79。
って日本とあまり変わらないなぁ。20年前の約3倍です。

先ずはざっと洗ってくれます。

洗車機に入ると、中まで水が‥
ウェインさんの車はゴムパッキン痛んでて水が中に入ってきます。
でも、殆ど雨降らないから構わないらしい。

その後リンコンへ。

海を見ると…

波はフラットー。
一見出来そうだが、岩の上で割れてるだけです。

軽く散歩して、移動する事にしました。

途中を所々チェック。

ここも厳しい。

ここもダメだぁ。

ここもちょっと。

ウェインさんも参った…

その後、ココもダメ。

おっ、ここは出来るぞ。
ならばあそこに行ってダメなら戻ろうと。

そして、ようやく波がありました。
結局はヴェンチュラC-Streetに決まり!
ウェインさん色々探してくれてありがとう!
お蔭で色んなポイントを知る事が出来ました。

波は腰〜腹セット胸。
見た目以上に遊べて、もっと右奥から乗って距離が乗れます。
うねりの向きが違っていたので、イマイチですが、潮が動いてサイズアップ。
最後は胸〜肩位で遊べて楽しめました。

向きが悪くてもこれだけ遊べるんだから、C-Street恐るべし。
以前行った時は200m近く乗れましたよ!

結構な時間を楽しみ、夕方買い物へ!

つづく…

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 19:12 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day5パート2。

カリフォルニアトリップ 5日目、ハンティントンクリフスに着き波乗り。

社長よりボードを借りました。
私はWR 9'0" Classic Soul N/R MODEL
ゆり子はWR 9'0" Pro/Mod D-5 Comp MODELです。

久し振りの幅広ボードにやや手こずりました。

ゆり子はハンティントンファーストライド!

後ろで魚がジャンプ!?

昼過ぎのカリフォルニアは風が強くなりがちですが、この日は以外に緩かったです。

私以上に乗ってたかな?

奥にはHB Pierが見えます。

良い波乗れて満足。
紀藤社長ありがとうございました〜!

ハンティントンの町並みは相変らず綺麗です。

家に戻るとBigmamaさんが、ラスバーカスを買ってきてくれました。

美味しいメキシカンフードでしょ!

Kentaが帰ってきました!
ハッピーなナイスガイです。

紀藤社長も平らげていました〜。

この後、Koheiくんのウェットスーツを採寸して、ウェインさんの住むサンタバーバラまで、
再びロングドライブ〜。

つづく…

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 00:40 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day5パート1。

カリフォルニアトリップ5日目。
朝起きて先ずはエンシニータスのマシン屋さんへ。

ウェインさんの一つのモデルをデーター化するそうです。
とあるプロジェクトに必要なモデルらしいのです。

で、チェックすると…
1本のボードがみるみる内に削られていきます。
削った粉はバキュームに吸い上げられて、それなりの形に!
沢山のブランドのボードが次々に作られていきました。

前日までアナログな物作りを見て、この日は現在のシェイプ方法。
どちらが良いかは賛否両論。
しかし、効率良く作るにはマシンを取り入れるのも一つの手段。
最後は人の手によって仕上げられる訳ですから。
ここが適当だとダメなんですけどね。

納期が早く同じ物が手に入るなら、色々試してみるといいかなって思いました。
ウェインさんにも提案しよう。

その後、社長のいるハンティントンビーチまで北上。
サンオノフレのお○ぱいタンク。

途中から海沿いを走る事にしました。

インフィニティーのあるダナポイント。

途中ラグーナビーチのスタバでお茶しました。
ウェインさんカッコいい!

のんびりしたこの町は、芸術家が多いです。

その後ハンティントンへ。

ようやく入ってきました。

そして、紀藤社長お迎えです。

玄関はハロウィンのデコレーション。

ランチにBigmamaさんの働いているコスタメサの紅龍へ。

皆でラーメン食べました。

その後記念撮影。

ウェインさん、愛さんはサンタバーバラへ戻り、私達は海へ連れてってもらいました。

ハンティントンクリフで、南くんに会いました!

波はオンショアの影響少なく、胸たまに肩サイズ。
よしやろう!

つづく…

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 16:08 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day4パート5。

デルマーのショーの続きです。

様々なビンテージボードが出展されていましたので、一部ご紹介。

元祖ミニシモンズ。

以前ショーで行われた時にシェイプされた物。

DUKEの切手入り。
レア物です。

寄木のテクニック。

こちらもショーで出ていた物。

Yater
ロゴの周りにシェルが付いた芸術品。

変態系の非対称ボード。

ん?

過去にショーで題材になったモデル達。

こちらも。

ウェインさんが優勝した時のAsym。


こちらはビンテージボードのオンパレード。
BINGやDa Catが!

ホビーやカウンティーラインなど。

タカヤマさんやツインピン。

ハンセンやYaterスプーン。

フィルエドワーズオリジナル!

個性派揃いで楽しい時代ですね。

色々見れて良かったー。
昔に色んな所で見た事あるボードが多かったのですが、
今見るとまた違った感覚で感じるものがありました。

試行錯誤しながら、様々な波にアタックしていて当時のサーファーは本当に凄いなぁと思います。

日本同じイベントが行われる事を期待します。

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 13:20 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day4パート4。

カリフォルニアトリップの続き。
デルマーのショーで出展していたブースをランダムに紹介します。

フィンレスで有名なシ−グラスのブース。



OLDスケート。

LOSTのブース。

アート

アート

Brink

BINGのブース。

ワグナーのブース。

焼きゴテの作品。

久し振りの再会です。
マーク&ダニエル・トムソン。

?この子が可愛かったなぁ。将来のプロでしょう!

レインボーのブース。リンダ・ベンソンさんもいました。

Billabongの背中バックリスーツ。
寒いでしょ。

トニー・アルバ ブース。

ウクレレ

ウェーブマシーン

以前扱っていたHamboard

路上で試乗していました。

他にも沢山のブースが出展していました。
商業ベースのイベントと違い、作品を見せる。
そんなイベントでした。

サーフボードが大好きな私としては、良かったです。

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 12:35 | comments(0) |


カリフォルニアトリップDay4パート3。

カリフォルニアトリップの続きです。
忙しく、中々更新出来ずすいません。

デルマーでのショーの続きです。
この日はウェインさん、リッキーさんが登場します。
先ずはこの80’s MRボードをそのままコピーしなくてはいけません。
ウェインさんの持ってるMRボードよりもかなり厚いです!

背が高いウェインさん用に、シェイプ台を高くセッテイング。

紀藤社長、恵美子さんも応援に!

ウェインさんのプレーナー。
今は生産していないSkill 100。
力強く削れる、パワフルなプレーナーです。
ウェインさんは2台持ってるそうです。

愛さんもシェイプ?
って、バナナだよー(笑)

ブースで社長、愛さんと。
皆お揃いのデザインシャツ。

いよいよウェインさんの登場!
先ずはロッカーゲージに合わせてシェイプ。
真剣な眼差し!

プレーナーさばきは素晴らしいです。

今回のフォームはかなり固めだったそうです。

段々形が整えられていきます。

MRボードの特徴で、シェイプが難しいウィングコンケーブエリア。

出来上がったテールがこちらです。
皆、あと30分は欲しい所と言われてました。

お次はフロリダのリッキー・キャロルさん。

ナチュラルアート、ローカルモーション、プロシェイプと沢山のボードブランドで修行を積み、
25000本を超えるシェイプ数は凄い。

そして、全て完成したボードはこちらです。
同じボードとは言え、それぞれ違いますねー。
ハンドシェイプの難しさを感じました。

そして、審査員の3名によりジャッジ!
誰のシェイプしたボードかは判られていませんが、この時点でのベスト3は、
パット・ローソン、リッキー・キャロル、ウェイン・リッチでした。
今までは細かく採寸していたそうですが、今回は目視のみ。

6名のシェイパーとMR。
選ばれたのは…

リッキー・キャロル!

$1000をゲットしました。
これでリッキー・キャロルは3回目の優勝で、歴代のチャンピオンとなりました。

最後にシェイプしたボードにそれぞれがサインを入れます。
ウェインさんのサイン。

その横にMRのサインを入れました。
このボードはイベント会社に寄付しました。

私はこのイベントを初めて見させて頂きました。
有名なシェイパーのシェイプシーンを、1度に沢山見れるなんてまずありえない。
シェイプをしている方ならなおさら興味あるでしょう。

ハンドシェイプを忘れてはならない。
物作りの素晴らしさを忘れてはならない。
そんなメッセージが伝わるイベントでした。

いつか日本でもやって欲しいですね。
そして、日本のメディアでももっと取り上げて欲しい。

日本ではシェイプ、ラミネートなどサーフボード作りを、中々目にすることが出来ません。
マシンで作られるサーフボードは、ムラなく作れて素晴らしい。
でも、ルーツはハンドシェイプにあり、基礎のシェイプ部分、工具の使い方などが、
基本通りに作れなければ、本物のサーフボードとは言えない。
そう感じました。

そして、後世へ伝えていかなければ。

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 14:06 | comments(0) |


カリフォルニアトリップDay4パート2。

カリフォルニアトリップ4日目の続きです。

The Board Roomショーのメインイベント。

今回のお題は、80年代に一世風靡したMRことマーク・リチャーズのツインフィン。
このボードを忠実に再現する事。

今回選ばれたシェイパーは、スペイン・カナリーアイランド出身、若干16歳のタズ・ヤシン。
70年代のスター、リノ・アベリラ。
ジョン・ジョン・フローレンスが乗ってるボードとしても有名な、ジョン・パイゼル。
ハワイの大御所パット・ローソン。
我らがウェイン・リッチ。
フロリダのリッキー・キャロルの6名で行われました。

ガラス張りのシェイプルームで制限時間1時間半以内にサーフボードを仕上げる!
と言うタフな試合なんです。

過去に8回行われており、以前は競うイベントでは無かったそうです。
途中より料理の鉄人の如く、競い合うイベントに変わり、ウェインさんは過去2回のチャンピオンとなりました。
他にも2回優勝してるのは、リッキー・キャロル。
1回優勝のパット・ローソンと強者揃い。

2日間に分けて行われ、この日はタズ、リノ、ジョン、パッドで行われました。

先頭はタズ・ヤシン。
朝一番のイベントの為ギャラリーは少なめです。
しかし、会場にプレーナーの甲高い音が響き渡ると、ぞろぞろと集まってきました。

焦りながらも手際良くシェイプされ、徐々に出来上がってきました。

そして、出来上がったテール形状はこちら。

まだ若くて、これからが楽しみのシェイパーですね。
You Tubeでウェインさんのシェイプシーンを見て、憧れてしまったそうです。
弟子入りいたいと、申し入れたそうです。

お次はレジェンドのリノ・アベリラさん。

リアルタイムにシェイプしていたので、当時を思わせるシェイプ方法。

海用トランクスでシェイプする所がサーファーですねー!

リノさんのテール。
昔っぽさが出ています。

お次はジョン・パイゼルさん。
ジョン・ジョンにシェイプしているので有名ですね。

同じくトランクスでシェイプ。
時間が無くて苦戦していましたね。

こちらがジョンさんのテール。

土曜日最後のシェイパーは、大御所パット・ローソンさん。
ハワイアンシェイパーは皆海パン!?

プレーナーさばきが絶妙です。
シェイプが滑らかで、とても綺麗。
やはり、基礎がしっかり出来てるシェイパーは違うと再確認。

あのパットさんも時間間に合わない程。

パットさんのテール。

土曜日に出来上がった方達のボードです。

日曜日はいよいよウェインさんの登場です!!
終わってから、波チェックへ行きました。

スワミース。

波は小さいけど遊べます。
夕焼けが超綺麗でした〜!

夜はご飯食べながら作戦会議。

ここのロータスはお気に入りとなりました!
ナチュラルフーズ屋さん。
残念ながらお酒はありませんけどね。

夜は部屋で、男チームで内職して遅くまで大変でした。

ウェインさんガンバレ!

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 13:31 | comments(0) |


カリフォルニアトリップ Day4パート1。

カリフォルニアトリップDay4。

前日に設営が間に合わず、当時の朝から設営です。
こちらはウェインさんのミニガンモデル!
この位置でOK?

ウーリーさんの所で作った看板と、サインはウェインさんの従兄弟からのプレゼントだそうです。
ここで良いだろ〜。

先日のマリブコンテストで使用していたボード。
詳しいモデルはWILD CARD-3 MODELだそうです。
スクエアノーズにクレッセントテールの渋いボード!
通常のワイルドカードモデルは、オールラウンドのパフォーマンスよりなボードです。
しかし、このモデルはややアウトラインを広げ、レールをマイルドにしたトラディショナルスタイル。
いつでもオーダー出来ますよ!

サインに電気を付けると、良い感じ!

こちらはウェインさんのカード。

こんな感じのブースに仕上がってきます。

で、完成です。

テールを浮かして見せています。
ウェインさんのこだわり。

続々と色んな方達が訪ねてきます。
レニー・イェーターさん。久し振りにお会いました。

こちらはランス・カーソンさん。
レジェンドオンパレード!

ウィンダンシーのハンク・ワーナーさんと、サム・ジョージさん。

クライド・ビーティーJr.ことクライドさん。
久し振りの再会!

こちらはマックス・マクドナルドさん。
マックスさんもクライドさんのファクトリーでシェイプしていて久し振りの再会です。
以前はインフィニティーのシェイパー・ライダーとして大活躍です。

ハンクさんとボブ・ミツベンさん。

ウェインさんナンパ?

いえいえメディアの方だそうです。
もう一人は、アシムの第一人者カール・エクストロームさん。

常にこんな感じで賑わっていました。

ブースを出展するのは大変だけど、こうやって色んな方達とディスカッションし、ボードを見てもらえるのは良い事です。

私も以前はbredren designで2年程ブースをやりました。
準備、当日、片付けと大変だけど、沢山の人にブランドをを理解してもらって、
納得してもらえた時は嬉しかったなぁ。
厳しい意見もあるけどね。
でも、皆で協力して成功するイベントなので、達成感は最高です。

お次はシェイプショーをお伝えします。

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 15:54 | comments(0) |


カリフォルニアトリップDay3。

体調崩し更新遅くなりました。
風邪かと思いきや、花粉症でした。
しかし、頭はボーっとするし、薬飲むと眠くなるし最悪だ。

カリフォルニアトリップDay3です。

朝、宿屋「リッチ」での朝食。
セルフサービスで、私は和定食をチョイス(笑)

その後、イベント会場のあるサンディエゴのデルマーまで長旅です。
サンタバーバラからサンディエゴまでどれだけあるか、カリフォルニアをご存じの方ならビックリな距離だという事理解して頂けると思います。
朝、8時過ぎに出発予定でしたが、ノンビリでこだわりの強いウェインさん。
荷物の積荷に時間掛かり、9時半過ぎに出発です。

サンタバーバラエリアからサンディエゴまでは、通常フリーウェイを使います。
101〜405〜5が一般ルートですが、405はLAの街を通過で渋滞のメッカ。
パスする為に、101から途中で降りて、一般道の田舎道を走りルート5へ入る道を選択。
初めて走る道は新鮮でした。

かぼちゃ、オレンジ、レモン、パプリカ、アボカドなどなど沢山の農家が沢山ありました。
良い匂いがして、色々見たかったけど、搬入が4時までなので急がなくては!

ウェインさん、愛さんに先導してもらい後ろをついて行きます。

ルート5を走ると、見覚えのある物が‥
21歳の時に始めて行ったマジックマウンテン(遊園地)が見えてきました。
日本から、一誠さん、樋口くんと3人で楽しかったなぁ〜!
びしょ濡れになり、夜は寒くなって帰った記憶があります。

途中でトイレ休憩により、In N Outを頂きました!
しかし、久し振りにやらかしちゃいました。
No.3コンボ(日本のセット)を頼んだのですが、3個頼んでしまいました。
しかも、ダブルチーズをー!

ウェインさんにバカにされながら、1個あげて2個ペロリと平らげました。
3個いけたな。
トラッスルズの先、オーシャンサイドの手前で大渋滞。
この時点で4時前でもう間に合わないなぁと思いながら、到着!

先ずは運べる物を!

先に仲間のマイクさんが土台の設営をしてくれた分、助かりました。
マイクさんが居なかったら大変。
しかし、時間は既に過ぎているので、退却しろと明日に設営する事になりました。

周りのブースも出来てる所と出来てない所など、色々です。
日本なら前日に完璧に仕上げますが、まぁアメリカなので!
と割り切らないと疲れます。

で、先ずはホテルへチェックインしようと海沿いをチェック。
カーディフでは、胸前後の波が割れてました。
風も無くて良い波〜!SUPも多かったですね。
今回はショーで展示するボードしか持ってきてないので、サンディエゴでの波乗りはお預け!

今回泊まったのは、エンシニータスのDays Inn愛さんチョイスで安くて良かったです。
朝のベーグルまた食べたいなぁ。

シャワーを浴びてエンシニータスの町で晩飯探し。

そして、イタリアンで食べる事にしました。
ウェインさん、マイクさん。

愛さん、ゆり子。
皆で明日の作戦会議しながら、楽しい食事でしたー!

つづく…

M-D-T

| THE SURF | サーフトリップ | 14:00 | comments(0) |


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
About us
Categories
Recent Comment
Archives
LINKS
Mobile
qrcode