サーフショップ 「ザ・サーフ」 のスタッフ達が綴る日々の徒然・・・。カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続ける 【THESURF】

<< 土曜日はFish Flyに行ってきました。 | main | 土曜日はFish Flyに行ってきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |


Gary Fuって知ってますか?

先日、お客様がサーフボードの修理を持ってきました。
するとそのボードは!
80年後期から90年前期にかけて作られていたGary Fu(ゲーリー・フー)でした。
当時はオリジナルボードとしてハンティントンの社長の倉庫内のシェイプルームで作られていました。
G・FuはハワイのBen Aipaの弟子としてシェイプしており、当時人気モデルバベルレール(ベーボーレールとも言ってたかな?)を作っていました。

どんなレールかと言うと‥
現在の一般的なショートボードのレールには テールエンドにエッジが付いていますね。
80年代はノーズからテールまでエッジが付いてました。
バベルエッジはノーズからテールまでのある程度位置までダブルエッジになっていて、
そのエッジの間にコンケーブが掘られていました。
それによりレールtoレールの加速が優れていたのです。
その後、サーフィンのアプローチがより縦へと求められ、余計なエッジが引っ掛かり消えていきました。
ラミネートも大変でオーバーサンディングになりやすく、当時は修理泣かせでした。

このボードは同じモデルではありませんが、当時にしてはシャープなアウトラインですね。
セミガンかな?

オリジナルの80’sデザインロゴ。

ボトムはVボトムです。

89-90年に私はG・Fuにシェイプを教わりました。
大工さんだったので、昼間に仕事をして夜にシェイプルームに来る生活でした。
いつも噛みタバコを噛みながらシェイプしていたゲーリーが懐かしいです。
どんな味か試してみましたが、私には必要無い感じでしたね(笑)
カールスJrのドリンク容器につばを吐きながらのシェイプ。
オー!ガイジンだぜって感じでした。

今はどうしてるのかな‥

M-D-T
| THE SURF | 懐かしの一コマ | 15:57 | comments(0) |


スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:57 | - |











http://thesurf2.jugem.jp/trackback/906
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
About us
Categories
Recent Comment
Archives
LINKS
Mobile
qrcode